Kokoro

10日間で4回のフライトと数え切れないほどの列車を利用して、日本の美しい場所を探索したところでした。2020年1月には、京都、静岡、箱根、東京、北海道と、さまざまな場所を訪れました。人生は素晴らしく、自立していました。社会生活も充実していました。世界中に友人ができ、出会いました。多くの人が夢見るような場所にも行きました。幸せでした。生きていた。もしかしたら、私は地球市民だったのかもしれない。 そして、2020年2月。COVIDが始まる前の休暇に帰国しましたが、まだ中国で始まったばかりで、パンデミックではありませんでした。2020年3月には日本に帰国する予定でした。限られた時間しかないと思い、目の手術をしたり、数々のインドのお祭りを祝ったり、家族と一緒に人生の時間を過ごしました。2020年は今のところ素晴らしい年でした。❤ 楽観的で、幸せでした。 2020年3月、大学がオンライン化され、日本に入国できなくなり(その頃のどこかで)、家族と過ごす時間が少し増え、本場の美味しい(!)インド料理を堪能し、最高のシェフ(母)に食事を作ってもらい、母国の友人(とその家族)とzoomで話すことができるようになり、有頂天になっていました。

世界市民からどこにも属さない人へ:日本に「いる」外人さんの物語
世界市民からどこにも属さない人へ:日本に「いる」外人さんの物語

10日間で4回のフライトと数え切れないほどの列車を利用して、日本の美しい場所を探索したところでした。2020年1月には、京都、静岡、箱根、東京、北海道と、さまざまな場所を訪れました。人生は素晴らしく、自立していました。社会生活も充実していました。世界中に友人ができ、出会いました。多くの人が夢見るような場所にも行きました。幸せでした。生きていた。もしかしたら、私は地球市民だったのかもしれない。

そして、2020年2月。COVIDが始まる前の休暇に帰国しましたが、まだ中国で始まったばかりで、パンデミックではありませんでした。2020年3月には日本に帰国する予定でした。限られた時間しかないと思い、目の手術をしたり、数々のインドのお祭りを祝ったり、家族と一緒に人生の時間を過ごしました。2020年は今のところ素晴らしい年でした。❤

楽観的で、幸せでした。

2020年3月、大学がオンライン化され、日本に入国できなくなり(その頃のどこかで)、家族と過ごす時間が少し増え、本場の美味しい(!)インド料理を堪能し、最高のシェフ(母)に食事を作ってもらい、母国の友人(とその家族)とzoomで話すことができるようになり、有頂天になっていました。

楽しくて、すべてが順調でした。卒業するために頑張っていました。

この禁止令は数ヶ月しか続かない良い措置で、私はすぐに世界中の友人たちと再会できるだろうと思っていました。私は再会できなかった。まだ日本に入国できないので、卒業式も受けられませんでした。卒業証書は1週間後に郵便で届きました。通常の4年ではなく3年で卒業するために、私は信じられないほどの努力をしてきましたが、郵便封筒に入ったこの卒業証書には何の意味もないように思えました。世界中の多くの人々が卒業式を受けられなかったことは理解していますが、もし渡航禁止措置がなければ、少なくとも私は他の人々と同じように直接卒業証書を手にすることができたはずです。私は悲しかったし、さまざまな要因で落ち込んでもいましたが、それでも楽観的でした。私は2020年9月に日本でオンラインで2つ目の学位を取得しました。ネタバレ:現在、修士課程の4学期のうち3学期目で、まだオンラインです。

解禁(継続)してから約22ヶ月、未だにクラスメイトや先生、友人に会っていません。

日本は2020年11月頃に短期間の国境開放を行いました。しかし、修士課程の課題に追われていたこと、インド最大の祭りであるディワリ(もちろんホーリーは別として)を4年ぶりに自宅で家族と祝う機会があったこと、そして中間試験と期末試験の最中に物流がうまくいかなかったことなどから、帰国を約1カ月遅らせました。すぐに、ご存知の通り、いくつかの禁止事項が再適用され、私の再入国許可は失効しました。

突然、日本の住民としての権利を失いました。

しかし、それは問題ではありませんでした。なぜなら、私はすぐに新しいCOEを取得し、1週間ほどで新しいビザを手に入れることができたからです。私が?はい、そうです。日本への渡航が禁止されただけでなく、ビザも停止されてしまったのです。2021年4月末頃にようやくビザがおりて、5月には東京オリンピックのボランティアに間に合うように日本に戻る予定でした。しかし、日本は致命的なコビディエンの波を理由にインドを禁止しました。私はがっかりしましたが、インドなどでコヴィドが発生していて、日本は国民を守っているだけだという考えを支持しました。…… それは正しいのではないか?そうだとしたら、インドなどで発生したコヴィドが数ヶ月で収束したとき、なぜ日本は歓迎してくれなかったのか?理由は?オリンピックのため?はい、そうでした。もう一つのユニークな経験が奪われたのだ。もう慣れたけど。そして、日本に入国する前に、またビザが切れてしまった。

でも、もしかしたら、オリンピックの後に日本に入れるかもしれない?それはないでしょう。しかし、海外のDJを招いて大きなコンサートを開催した。

じゃあ、総理が変わった後、日本は私たちを入国させてくれるのかな?いや、そうではない。日本の渡航禁止措置は、まさに政府のツールだったのだ…よくわからないが、内政を正当化するために?ビザの発給が停止されたままの状態で長い間待った後、9月末に日本がビザの受付を開始したときに、私は再びビザを申請しました…ただし、特定のカテゴリーに限りますが。早いもので、11月末には日本へのフライトが1週間後に迫っていました。ついに日本に帰ることができました これまでのところ、感染しやすい(ワクチン接種率の低い国では、この事実は無視されていた)が、症状は軽いというオミクロン・バリアントが登場したのだ。その結果、私は日本に行かなかった。11月30日、日本は再びビザの発給を停止し、国境を完全に封鎖した。国民を守るための禁止措置かもしれないが、何から守るのか?アフリカの10カ国で深刻な波が発生している以外の国では、文字通り脅威はありません。私が日本に入国する前に、私のビザは再び期限切れとなります。日本がいつ新しいビザの発行を始めるかは誰にもわからない。

日本は、WHOがオミクロンのために一律に渡航を禁止するような過剰反応をしないように各国に伝えていることを信用していないのかもしれませんが、それに反する証拠があったとしても、すべての外国人が脅威であると信じているようです。

右翼ヘイトを私に送らないでください、私は日本が嫌いではありません。しかし、数ヶ月間の入国禁止が、私や他の何十万人もの人々にとって、ほぼ数年になるとは思いもしませんでした。

日本にいるわけでもないのに、授業料や生活費(春休みに出発したときにはすでに日本にアパートを持っていたので、家賃を支払う必要があります)に何百万円も費やすことには、とても腹が立ちます。何百万円もの授業料を払っているのに、修士論文に必要な施設や多くの書籍を利用することができません。日本の学生やヨーロッパの学生がコビットの存在を忘れて楽しんでいるような「留学生活」を送ることもできません。私は一度もコヴィドの陽性反応が出たことはありませんが、コヴィドは陽性反応を出して私の学生生活を台無しにしています。それとも、そうなのか?コヴィドはヨーロッパでは深刻ですが、ヨーロッパは2020年以降、留学生を必要不可欠な存在として、両手を広げて歓迎しています。おそらく、コヴィッドが私の人生を台無しにしたのではなく、日本の渡航禁止が台無しにしたのではないでしょうか?コヴィッドのおかげで、ヨーロッパの留学生が人生の時間を過ごすのを止めることはできませんでした。不公平で、歓迎されず、ツイッターでは外国人嫌いとも言われている日本の移民政策は、私のような人の人生を止めてしまいました。私の大学がオンラインで勉強できるようにしてくれたことには感謝していますが、これが本当に「留学」のあるべき姿なのでしょうか?なぜ人々や大学は、日本の政府に対して大きな声を上げることができないのでしょうか?

トップを走っていた私が、やる気ゼロになってしまった。

時差があるので、朝5時に授業が始まり、昼には疲れて寝不足になってしまうので、母国での生活も十分にできません。一日中、寝たり、ストレスを感じたり、宿題をしたりして過ごしています。家族と一緒に暮らしていますが、精神的にも肉体的にも疲れているため、家族や友人と過ごす時間はありません。

日本が不透明で、明確な計画を立てていないため、私はコンサートに行くことを諦めなければなりませんでした(日本は私の好きなDJは入場できますが、住民、学生、労働者、家族は入場できません)。いつ日本に行くかわからないので、ジムの会員になることもできません。この(ほぼ)2年間(約22ヶ月間)、同じ場所の同じ部屋で過ごしてきましたが、仕事量が増え、ストレスが溜まり、精神的にもかなり参っているため、人との交流もなく、インドの美しい場所を楽しむこともできませんでした。言うまでもなく、20代の誰もが家族と一緒に暮らして子供のように扱われたいと思っているわけではありません(笑)。

私の20代前半の青春の約2年間が、日本の渡航禁止によって無駄になってしまったという事実は、無視も補償もできず、落ち込んでしまいます。

2017年から日本に留学し、一生懸命日本語を上達させていましたが、2年近く日本を離れていたため、日本語が下手になってしまいました。日本は私のお金を欲しがっているのに、私のスキルアップやキャリア形成を望んでいないのでしょうか?日本にいないので、就職活動もできないし、どんなにGPAが良くても奨学金に応募することもできません(これは、コビド前に奨学金の選考を受けすぎて、規則のためにいくつかの奨学金を拒否しなければならなかったのとは逆です)。日本にいないので、アルバイトができません。日本にいないので、勉強もできません。でも、日本にいなくても毎年100万円近くのお金を払わなければなりません。私の人生のすべては日本にあるのに、私は日本にいない。

なぜ大人になってから日本語や日本文化の勉強をしてきたのか、それは間違った判断だったのか。

今年の2021年秋学期にはイギリスに留学する機会もあったのですが、お金はもちろん、服や書類などの生活用品がすべて日本の銀行やアパートにあるため、留学することができませんでした。せめてインドに送金してもらおうとしましたが、銀行も大学も、私が日本にいないから何もできないと言いました。私は私費留学で、イギリスに留学するためにお金が必要だったのです。犯罪者の場合は資産が凍結されますが、私が一生懸命稼いだお金はここにあります。日本の銀行は2021年になってもまともにネットに接続できないし、大学に権利を譲ってもわずかな調整しかできないのです。これは正直なところ、ファックスを使うよりも悪いかもしれません。

日本政府はいつ入国できるかの手がかりを与えてくれないので、イギリスに行く前に物理的に日本に行ってお金を手に入れる計画を立てることができませんでした。言うまでもなく、私は両方の国で検疫を自費で行わなければなりません。検疫を受けるのは構わないのですが、複雑な旅の計画を立てるためには、日本政府のスケジュールが必要なのです。

つまり、日本は私が日本に留学することを望んでいないが、他の国に留学することも望んでいないということだ。望まれていないということですね。

さて、そんなこんなで、私は今も自分の部屋の同じ場所でパソコンを使って書き物をしています。私の精神的、感情的、肉体的な健康と学問的、職業的な発展は、この禁止令の犠牲になっています。

私は今でも自分の特権を認識していますし、自宅で生きて、安全で、元気でいられることは他の人よりも信じられないほど幸運なことだと思います。しかし、日本への渡航禁止のために諦めなければならなかった機会のことを忘れることはできません。私はそれに値しませんでしたし、私の時間は取り戻せません。私は2017年から日本を宣伝し、人生で最高の経験だったと主張してきました(それはそうでした、とても恋しいです)。以前、人々が何十年も前の経験に基づいて日本は人種差別的だと言ったとき、私は日本が素晴らしい理由を説明していました。しかし、今回の長期にわたる入国禁止措置は、各国でのパンデミックの状況に関する科学的な証拠や論理があったとしても、日本政府が本当にすべての外国人を脅威と見なしているのかどうかを疑わせるものです。島国」が歴史的に孤立してきたことは隠しようもないが、21世紀の今、同じことをするのは本当に正当なことなのだろうか。

この禁止令により、私は日本に長期的に住むという決断を見直さざるを得なくなりました。今、私は学位を取得し、別の場所で人生をやり直したいと思っています。お金だけでなく、私の努力、時間、才能、情熱、夢を評価してくれる国で。禁輸措置により、私は自分の居場所がないように感じています。私には、日本とインドの2つの人生があります。しかし同時に、私はどちらの人生にも完全には属していません。

.

この禁止令が私にどのような悪影響を与えたかについては、まだまだ言いたいことがありますが、今回はここまでにしておきます。禁止令は続いているので、重要なアップデートがあれば、近い将来、この記事も更新されるでしょう。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

--

--

Kokoro

Kokoro

International student in Japan since 2017. Always seeking new and exciting life experiences. Stay tuned! ❤